Le・Chien ルシアンの家
二宮にオープンした、犬の幼稚園、トリミング、しつけ教室のブログです。
プロフィール

Meg

Author:Meg
ワンちゃんが楽しんでまた帰って来れる ’第2のホーム’になる事を目指してます。

ワンちゃん個々の性格を把握しながら、トリマー達、トレーナー(ホリスティックカウンセラー)、アシスタントがお迎えします。

イギリスとアメリカで学んで来たこと(AKC競技会、家庭優良犬テスト、家庭犬躾、行動学から導くトレーニング、クリッカートレーニング)を、出張レッスン、預かり訓練、飼い主さんと一緒のレッスン、パピーパーティーで教えています。



一箇所でトリミング、ペットホテル、しつけ教室が出来るのは効率的で便利です!


* トリマーさん求む。 週に1日からのかたでも可。 
詳細はお電話でお問い合わせ下さい。 ℡0463-79-6278





・ 室内ドッグラン、オフ会や誕生日会にも活用下さい。 小型犬は勿論、大型犬も楽しめる空間あり。
(要予約)



・ 無料カウンセリング実施中(30分)
お店にいらして頂き、ワンちゃんの問題行動を伺い、接し方や予防法等をお伝えします。
 

・ トレーニング(レッスンワンちゃん、アシスタント募集中!)
ワンちゃんと飼い主さんに合わせて、飼い主さんと一緒に行う ”しっかりコース”と ”ゆったりコース”、問題去勢コース(短期集中預かり・長期預かり)などがありますので、詳細は問い合わせ下さい。 当教室では、個々への伝達を細かく見たいので、マンツーマンレッスンを推奨しております。 他のワンちゃんとの練習は、月一のドッグサークルやイベント等で補っております。




・ 犬の幼稚園(デイケア)、随時受付中!
我がお店では、トリミングからしつけ教室、食事・生活の問題行動などで困っていましたら、お気軽にご相談をお受けしてます。

犬の幼稚園(デイケア)での風景は、DogBuffClub Shonanのブログ、’wanコと一緒’でご覧ください。



* 保護活動再開
ドッグサークルの参加費を保護ボランティア、Perro Dogs Homeさんへ寄付しています。

ワンちゃん関係で要らないものがありましたら、お譲り下さい。
保護犬達へ送らせて頂きます。


ルシアンのトリミング部門では、Plush Puppy(プラッシュパピー)さんのシャンプーとトリートメントを使用しております。 オプションで、自然流シャンプーとコンディショナー、ティーツリーのシャンプー、クレイパック(泥パック)、アニマルアーユルヴェーダ(ハーブパック)、炭酸泉、ポウケアクリームを使用してますので、ご興味あるかたはご相談ください。 

クレイパック(泥パック)、超格安で御提供中!
虫除け、消臭など効果大なので是非お試しくださいね。


* 曜日に寄ってトリマーさんが違いますので担当制も出来ます、予約の時にその旨をお伝えください。




☆ より良い質 より安全なドッグフード(ナチュラルチョイス、K9ナチュラル、フリント・リバーランチ)やおやつ(わんのはなさん、みちのくファームさん)の販売、ワンちゃんおもちゃ等、手作りのもの(アクセサリー・ネームタグ・リボン・グリーティングカードなど)もご用意しておりますのでお気軽に覗いてみてくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

トリミング写真 8月上旬
066_20150824225708baf.jpg


067_20150824225710f31.jpg



069_20150824225712539.jpg




068_20150824225710af4.jpg

スポンサーサイト
犬の攻撃行動の話し
犬の攻撃行動は下記の様に分類されます。

1、遊び攻撃行動
2、縄張り性攻撃行動
3、母性の寄る攻撃行動
4、恐怖性攻撃行動
5、疼痛(とうつう)攻撃行動
6、防護的攻撃行動
7、犬同種間攻撃行動
8、食物関連性攻撃行動
9、所有性攻撃行動
10、捕食性攻撃行動
11、転換性攻撃行動
12、優位性攻撃行動
13、縄張り性攻撃行動
14、突発性攻撃行動

(各項目の詳細はまたいつか記事にします)

ワンちゃんの攻撃行動の矯正方法は、本にあるようなマニュアル通りには行かない事が多々あります。
それは、複数の要因が存在する場合があるからです。

最も多い攻撃行動は、動物行動学などのデータからも私が経験した事からも実感していますが、優位性攻撃行動と恐怖性攻撃行動です。しかしながら、攻撃行動には複数の要因が関連しているので、その時の原因に寄ってしつけの方法も変化します。

ですので、日々の生活の中で1番触れ合いを多く持っている飼い主さんが、愛犬の癖、気質、行動をよく見ておくことは大事なのです。 そうすることに寄り、原因が分っていきそれに適したしつけ法を使えるようになります。


とは言え、経験や知識が物を言うので、分析の仕方や瞬時に何を使うかなど容易くはないです。



問題行動が深くなる前に手を打つことをお薦めします。



日本で感じた事は、しつけの相談にいらっしゃるかたの大概は問題が出てから暫くして、”なおらない”と、教室の門を叩きます。

実はその段階では遅いことはしばしばあります。 問題の深さに寄っては、’時既に遅し’と感じたケースもあります。
それでも改善出来る事はなくは無いと思いますが・・・。

ただし訓練時間はかなり掛かると思ったほうが良いでしょう。
そうなる前に、みなさま、ワンちゃんを買う前から学ぶことが1番なのです。 2番はパピー期の時です。 

問題は、起こった後に習性するのでは難しいですし、ワンちゃんに多くのストレスを掛けてしまいます。 ストレスの中ではなかなか学べないのがワンちゃんです。 ですから、出来るだけ問題が起こる前に未然に防ぐ、予防が大事なのです。



* ワンちゃんの預かり記事はもう1つのブログ、”wanコと一緒”にアップしてるので、宜しかったら覗いてみてください。


お泊り前のお薦め
ワンちゃんは環境で変わりやすいとはよく言われます。

日々の訓練か躾けを続けていれば、真新しい状況に置かれてもストレスを多く受けることはなく、落ち着くのにそう時間は掛かりません。

しかしながら、飼い主さんから離れる安心感や新しい環境に馴染める順応性が低いと、それまでどこかでお泊り経験があったとしても初めての場所初めてのワンちゃん、人に不安が募り、普段よりも吠えてしまうのは当たり前の事なのです。

そんな状況に置かれたワンちゃんが、知らない人から『静かに』と言われて、聞ける場合と聞けない場合があります。


年齢が行ってると更に吠えやすくなるケースも少なくないです。
年齢と共に寂しさが出て、高齢で分離症になるワンちゃんも居ます。

なので、新しい場所でのお泊りの時には、事前に慣らしていくことをお薦めします。


              『うちの子は大丈夫』

それでも検討することはお薦めです。 

そのワンちゃんにつきっきりで居れたら、そのワンちゃんも馴染めない場所でも吠えないで居れるでしょうが、ペットホテルでは一匹につきっきりは無理です。 それをするのであれば、かなりVIP待遇になってしまいます。


ワンちゃんの行動は変わるもの、ワンちゃんは過度のストレスでは学べませんので、是非ともお泊り前の事前の準備を出来るように早めに顔合わせ、慣れさせることをお薦めします。


006_20150818230211e6d.jpg


* 家庭優良犬促進協会で開催されるテストに備えて、近々クラスを作りますので、ご興味あるかたは御一報ください。


トリミング8月中旬の写真
021_201508132209140d0.jpg



022_20150813220915ecb.jpg



024_20150813220918625.jpg




023_20150813220916da6.jpg



025_20150813221054a6b.jpg




026_20150813221056178.jpg

8月上旬のトリミング写真
023_201508072224022a4.jpg

027_2015080722255929a.jpg


026_20150807222557f74.jpg


028_20150807222600b65.jpg



030_20150807222603fb0.jpg


025_20150807222404fcf.jpg


024_20150807222403381.jpg


029_20150807222601c90.jpg