Le・Chien ルシアンの家
二宮にオープンした、犬の幼稚園、トリミング、しつけ教室のブログです。
プロフィール

Meg

Author:Meg
ワンちゃんが楽しんでまた帰って来れる ’第2のホーム’になる事を目指してます。

ワンちゃん個々の性格を把握しながら、トリマー達、トレーナー(ホリスティックカウンセラー)、アシスタントがお迎えします。

イギリスとアメリカで学んで来たこと(AKC競技会、家庭優良犬テスト、家庭犬躾、行動学から導くトレーニング、クリッカートレーニング)を、出張レッスン、預かり訓練、飼い主さんと一緒のレッスン、パピーパーティーで教えています。



一箇所でトリミング、ペットホテル、しつけ教室が出来るのは効率的で便利です!


* トリマーさん求む。 週に1日からのかたでも可。 
詳細はお電話でお問い合わせ下さい。 ℡0463-79-6278





・ 室内ドッグラン、オフ会や誕生日会にも活用下さい。 小型犬は勿論、大型犬も楽しめる空間あり。
(要予約)



・ 無料カウンセリング実施中(30分)
お店にいらして頂き、ワンちゃんの問題行動を伺い、接し方や予防法等をお伝えします。
 

・ トレーニング(レッスンワンちゃん、アシスタント募集中!)
ワンちゃんと飼い主さんに合わせて、飼い主さんと一緒に行う ”しっかりコース”と ”ゆったりコース”、問題去勢コース(短期集中預かり・長期預かり)などがありますので、詳細は問い合わせ下さい。 当教室では、個々への伝達を細かく見たいので、マンツーマンレッスンを推奨しております。 他のワンちゃんとの練習は、月一のドッグサークルやイベント等で補っております。




・ 犬の幼稚園(デイケア)、随時受付中!
我がお店では、トリミングからしつけ教室、食事・生活の問題行動などで困っていましたら、お気軽にご相談をお受けしてます。

犬の幼稚園(デイケア)での風景は、DogBuffClub Shonanのブログ、’wanコと一緒’でご覧ください。



* 保護活動再開
ドッグサークルの参加費を保護ボランティア、Perro Dogs Homeさんへ寄付しています。

ワンちゃん関係で要らないものがありましたら、お譲り下さい。
保護犬達へ送らせて頂きます。


ルシアンのトリミング部門では、Plush Puppy(プラッシュパピー)さんのシャンプーとトリートメントを使用しております。 オプションで、自然流シャンプーとコンディショナー、ティーツリーのシャンプー、クレイパック(泥パック)、アニマルアーユルヴェーダ(ハーブパック)、炭酸泉、ポウケアクリームを使用してますので、ご興味あるかたはご相談ください。 

クレイパック(泥パック)、超格安で御提供中!
虫除け、消臭など効果大なので是非お試しくださいね。


* 曜日に寄ってトリマーさんが違いますので担当制も出来ます、予約の時にその旨をお伝えください。




☆ より良い質 より安全なドッグフード(ナチュラルチョイス、K9ナチュラル、フリント・リバーランチ)やおやつ(わんのはなさん、みちのくファームさん)の販売、ワンちゃんおもちゃ等、手作りのもの(アクセサリー・ネームタグ・リボン・グリーティングカードなど)もご用意しておりますのでお気軽に覗いてみてくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ワンちゃんは何故吠えるの?
ワンちゃんの吠えには理由があるのはいまやみなさまご存知の事ですね。

では、その吠えをどうやったら止めさせれるか!?が大きな課題となります。

まずワンちゃんお吠えには、

① 要求型
こっちを見てー、構ってー!

② 先制攻撃型
・ 強気の子「さっさとあっち行けー!」
・守る意識が強い子「こっちにくんなー!」

③ 守備防御型
嫌だから、怖いから、「近寄らないで!」

④ 退屈型
ひまひま~! なんかしたいじょ!

⑤ 依存型
さみしいワン!! 近くに居てよ!

⑥ 積極型
嬉しくって興奮だい!



《一般的な解決方法》
シンプルなものをご案内します。 詳しい内容や他の対処法はクラスで説明しています。

①に対して
完全無視が1番効果的!

②に対して
吠えた瞬間即座に注意(or コレクション or 天罰)、そして好ましい行動に導き褒める!

③に対して
安心出来る場所を用意。

④に対して
退屈さを感じる前に飼い主さん側が気付き先に先に誘導(散歩、トレーニング、ハウス等)

⑤に対して
ワンちゃんの依存は、飼い主さん側の気持ちが1番問題。 飼い主さん側がワンちゃんに依存しない事。
可愛がりに要注意!

⑥に対して
興奮しやすいワンちゃんは、お座りマテから始まり、フセでのマテを長く出来る事、体を触っても興奮しないように練習を。



練習と一口に言ってもなかなか実行に移せないことは多々あるかと思います。
散歩の時に必ず、’今日の課題’と決めて練習を取り入れて歩くと良いですね。

吠えは、ワンちゃんにストレスをも与えてしまいます。 そのストレスは健康面にも精神面にも悪影響を及ぼすので、早め早めに対処、予防することをお薦めします。

そのワンちゃんのおうちでのルールは様々ですが、そのルールを学ばせて何をしたら飼い主さんは喜ぶかを教えてあげれば必然的にワンちゃんは飼い主さんのコマンド(指示)を待つようになります。


ワンちゃんに矛盾は禁物。


吠えさせないと決めたら徹底してやらないと効果は出ません。

やらないならやならいほうがワンちゃんは困惑せず、そのほうがいつしか吠えない子になっていくかも(かも、です)知れませんね。

でも、やると決めたら中途半端な教え方は避けましょう。
もう少し吠えさせてからとめよう、今はいいやもっと嫌な吠えをしたら止めよう、などと少しでも吠える事を許すとワンちゃんは吠えを慢性化してしまうでしょう。


吠えへの辞めさせ方は色々違いがあるので、その吠えに適した方法を用いると改善して行きます。


1番気をつけるのは、練習を始めたばかりのワンちゃんは誘惑度合いに気をつけてくださいね。
緊張、興奮する環境の中では学びのくいので、誘惑レベルが低いところから始まっての練習でないと意味を持ちません。

その練習で少しでも理解した結果を残せたならそのやり方を続け、結果を残せないときには何かしら間違っているのでしっかりトレーナーに習わないと生涯続く問題になってしまうので気をつけてください。


スポンサーサイト
パピーの内にしたい事
033_2014021818443847f.jpg
久しぶりのノアールのレッスンです。 エリーに慣れて来たようで、でも、顔を見ると逃げちゃいます。



034_201402181844438c6.jpg
今日は、ミニスラロームとトンネルを使いました。 障害物をクリアして行くと心と身体のバランスを整えていき、自信を持てるようになっていきます。 ワンちゃんと一緒にゲームを楽しむことで、ワンちゃんとの絆アップにも繋がります。


ボールで遊ぶシーンを撮るのを忘れましたが、ボール遊びは大好きなノアールです ^^V
破壊せずに遊ぶようで、Go~od!



037_2014021818502164a.jpg
今日は一緒に散歩をして、歩きの様子を見ました。 まだまだ引っ張るパピーには、首に負担が掛からないようにイージーウォークをするといいです。 

今の時期は、さんぽが楽しい、外の世界が楽しい、と言う事に重点を置きます。
ただし、始終引っ張られるまま、ワンちゃんの行きたいところに付いていく、と言うところはワンちゃんの様子を見ながら気をつけます。



038_201402181850238d6.jpg
好奇心旺盛なノアール。 さんぽデビューの頃は歩きたがらないようでしたが、今ではどんどん歩いて行きますよ ♪
さんぽが好きになって良かったです。

パピーの寄り道には、その子の気質等も考慮して、お付き合いをします。




パピーの内に、色んな人に触って貰ったり 顔の前に手を出されても怖くない、でも人の手は美味しい(フードを貰う)と言う良い経験をさせるといいですよ。

そして、この年齢の内にトリミングマナーもゆっくり学ばせます。 色んな部分を触っても怖がらない、嫌がらないように。

ほんと、ちょっとずつでもいいんです、いえ、ちょっとずつがいいんです。 毎日練習することをお薦めします。
その練習の時には、まず人間側の気持ちを整えてから行うといいですよ。 時間に余裕があること、気持ちにも余裕があること。 パピーの状態もさながら、人間側の状態もゆったりさせましょう。



慣れさせる事
* 引き続き、フォトコンテストの投票を受け付けてますので、よろしくお願いします。
初めて、もしくは久しぶりにブログ訪問されたかたは、1月27日と28日の記事をお読み下さいませ ^^/


011.jpg
クロッキーとバブルスが遊びに来てくれました ♪

         有難う~~~。

(クロッキーは爪きり中)

Sさんの生徒さんのワンちゃんが根切りに来てくださいました。
血管が伸びていたので、クイックストップを使いながらの爪きりでした。

1回根切りしておけば、次回から間を置かなければ痛い思いをする必要はないですから、みなさまのワンちゃんもお手入れはこまめが宜しいですよ。


012.jpg
タイガは、クロッキーのほうにちょいしつこかったです。

レフティーは久しぶりの2匹なので、凄く緊張・高揚していたので、落ち着くまで抱っこで2匹の行動を見させてから挨拶させたので、『わふ~!』と言うことなく大丈夫でした。 そのワンちゃんに慣れちゃえば、友好的に振舞えるレフティーです。 初めからガウガウさせると、それが習慣化する場合は多々としてあるので、事前の準備は必要だと思います。 いい経験をさせる事に寄り、次回に良く反映される事になります。 

やった問題行動を注意されるより、芳しい行動をさせて褒められたほうがワンちゃんも良い経験として蓄えられていいんですよ。 

レベルアップしていくと、あえて、様子を見させる事(試すこと)はありますがね。




005.jpg
レフティーは、今日は上顎の歯石をトリマーさんに取っていただいた疲労感もあるし、今日はストレスを多く掛けるのはやめたほうが良いと感じたので、ランチにはタイガのみを連れて行くことにしました。

麻酔無しで歯石を取るトリマーさんはこの界隈では少ないです。

歯磨きもそうですね、歯垢がつきやすいワンちゃんは歯磨きを習慣化しないと直ぐに歯石となり、歯槽膿漏からもっと悪化すると他の病気にも発展しますから、歯垢もあなどれません。 なかなか毎日出来ないにしても、歯ブラシに慣れさせて置くことは重要です。




013.jpg
015.jpg

014.jpg
タイガは、ずっとお利口にしていました。

ここのレストラン、こじんまししていていい雰囲気ですよ。
ワンちゃん同伴OKなので、嬉しいですね。

TRATTORIA ITALIANA PESCI VENDOLO
トラットリア・ペッシヴェンドーロ

中郡二宮町中里919-32
0463-73-2332

ランチ:11:30~15時
ディナー:18~22時

定休日 毎週火曜